ICL

ホームICL

ICL

ICLとは

ICLImplantable Collamer Lens)手術は眼球内の虹彩と水晶体の間にレンズを移植して、近視・遠視・乱視を治す方法(有水晶体眼内レンズ・後房型フェイキックIOL)です。 その性状から眼内コンタクトレンズとも言われています。レンズ素材は生体適合性が高く、コンタクトレンズのように毎日のお手入れも必要ありません。手術は日帰りで両眼同日に手術できます。また、角膜を削る手術(レーシック)特有の近視の戻りもありません。

角膜を削る手術(レーシック)では手術できなかった角膜が薄い方、強度近視の患者さまにも対応可能です

眼内コンタクトレンズ治療 アニメーション(日本語音声字幕付) from Visian ICL on Vimeo.

特徴

1、クリアに見える

不正乱視の発生を抑えることが可能で、質の高い見え方を目標とできます。

2、日帰りで両眼同日に手術できます

手術時間は短時間で終わります。小さな切開創からICLをセットした挿入器具(インジェクター)を用いて、眼内に挿入、固定するシンプルな手術です。

3、近視の戻りがなく長期的によく見える元に戻せる

近視・遠視・乱視を治すために、角膜を削らないため、角膜を削る手術特有の近視の戻りがありません。


4、元に戻せる

削った角膜は元には戻せませんが、眼内に移植したICLは、もし何か問題があった場合は取り除くことで元の状態に近く戻すことができます。そのため、将来白内障や他の病気になった場合でも、レンズを取り出して治療することも可能です。


角膜を削らない視力回復眼内コンタクトレンズ(ICL)治療 from Visian ICL on Vimeo.

手術について

手術は点眼麻酔でおこない、片眼 約15分で終了します。

 

     

· 点眼麻酔を行い、黒目と白目の境目に約3ミリの創口を作成します。

· インジェクターを用い、創口から小さく折りたたんだICLを前房内に挿入します。
·ICLを 虹彩と水晶体の間に固定します。

 

· 眼内を綺麗にし、切開創の自己閉鎖を確認して終了です。

点眼麻酔を行います。
黒目と白目の境目に約3㎜の創口を作成します
インジェクターを用い、創口から小さく折りたたんだICLを前房内に挿入します
ICLを 虹彩と水晶体の間に固定します。

料金

適応検査 5000円
乱視なし 片眼 30万円、 両眼 59万円
乱視あり 片眼 40万円、 両眼 78万円(各税別)
保証期間 1年

適応検査は完全予約制となっています。
ご希望の方は、下記フォーム、または中村眼科にお電話の上ご予約お願いします。
 
お問い合わせ